2017年08月18日

わっしょい

今年のお盆期間の13日から16日私はイオンモールかほくの店舗に出させていただいていました。
その影響もあり恒例ともいえる複数の親戚関係との顔合わせや飲食は全く参加せず、また家族揃って予定していた家の墓参りの日時も雨により日程変更、二手に分かれてのお参りとなりました。

そんな中、家の外で唯一家族が揃ったのが12日の町内の納涼祭でした。私は小学生の子供がいるので児童会としての参加、納涼祭は夕方からですが朝からテント張りや道具運びに出て日中は子供神輿を率いて町内を周り夕方からは、つまんこ係で子供の行列に対応していました。
特に神輿は体力を使いました。町内でも児童の数の減少が深刻でそれに伴い保護者の数、体力勝負のお父さんの人手もギリギリでしたが何とか全う出来ました。きつかったですが夜の反省会でのビールの美味しさは格別でした。

筋肉痛、腰痛がお盆明けにようやく痛みが引いてきました。やはり日頃の運動不足での体力低下を実感しました。来年も子供神輿は予定していますし体力アップの為、イオンモール内でランニングシューズを買って少し鍛えることにしました。

saga-icon-2eaaa-thumbnail2.jpg
| 日記

2017年08月17日

旅行の保険

お子様たちが夏休みということで、家族で旅行に行かれる方もまだまだ多いのではないでしょうか。旅行やレジャーに関する保険では「旅行傷害保険」があります。この保険では、旅行中の事故や病気、トラブルを保障してくれます。代表的なものが国外旅行中の保障である「海外旅行傷害保険」と国内旅行中を保障する「国内旅行傷害保険」です。

病院での治療費・他人の身体・ものに損害を与えてしまった場合の損害賠償費携行品損害・航空機遅延といった旅行中のリスクに対して保証してくれます。この保険期間は旅行に行くために家を出た時からスタートし、旅行を終え帰宅するまでが補償となっています。その為、旅行を終えて最寄り駅から家まで歩いている間におきた損害も対象となります。

申し込み方法は、出発前に空港で加入できるものや、最近ではネットで申し込みできるものがあります。
また、お手持ちのクレジットカードに付帯されていることがありますが保険を適用させるためには「旅行代金をカード決済する」といったことが条件になっているものが多いです。

家族旅行、事故やアクシデントに備え楽しく過ごすために、旅行計画の中に「保険」も考えてみましょう!

yamamoto-icon2.jpg
| 日記

2017年08月16日

女子大生の日

今日は8月16日です。お盆休みも終わり、10日から帰省していた長男も東京へ帰って行きました。いつも思うことですが、親としてはやっぱり寂しいですね。

ところで、今日は女子大生の日・・・だそうです。1913年のこの日、東北帝國大学(今の東北大学)が女子受験生3人の合格を発表。日本に初めて女子大生が誕生した日です。日本初の女子大生とあって世間の注目を集めたようですね。当時の日本の大学は、男子学生のための学校であり、女性が大学に入学するなんてことは考えられなかった時代だったのでしょう。実際、女子学生を受け入れるとした大学側に文部省から「元来女子を帝国大学に入学せしむることは前例の無きことにて、すこぶる重大なる事件にあり」云々と事情説明を求める書籍が送られてきたらしいです。こういった逆風にもめげず、3人は熱心に勉学に励み、このうちの1人から日本初の女性理学博士が生まれたとか。黒田チカさんという方です。

今では、男女関係なく大学でも学べる時代です。大学生である次女の学ぶ工学部でも、女子学生が増えているようです。学べることを当たり前と思わず、今日の女子大生の日というものに、少しでも心を向けて頑張ってほしいですね。多少のこじつけ感はありますが・・・(笑)。
ota-icon-thumbnail2.jpg
| 日記

2017年08月15日

終戦記念日

最近は北朝鮮のミサイル問題で、日本をはじめ近隣諸国やアメリカなどで緊張が高まっています。特にグアムにミサイル発射計画があることで、日本上空を通過する恐れもあり、危険な状態となっていますね。

今日8月15日は日本の終戦記念日です。戦没者を追悼し平和を祈念する日で、全国戦没者追悼式が行われます。日本の戦死戦病死者数155万人、一般国民の死者数30万人とも言われています。

全国高校野球選手権大会の甲子園でも、正午には一旦プレーを中断し1分間の黙祷を捧げる時間があります。1945年の終戦から72年が経ちますが、改めて今日の平和な日々に感謝し、この先も続くよう願いを込めて私も黙祷を捧げたいと思います。tsukada-icon.jpg
| 日記

2017年08月14日

キャンプ

先日、4家族でキャンプへ行ってきました。
このキャンプは毎年の恒例行事になっていて、今年で4回目でした。(主人はこの日のためにマイクロバスの免許を取得しました。笑)
キャンプ場へ向かう途中、大滝の流しそうめんに寄ったり、七尾市の食祭市場で買い出しをしたり、途中で見つけたジェラート屋さんに入ってみたりと寄り道をし過ぎて、朝の9時ごろに自宅を出発したにもかかわらずコテージに到着したのが夕方でした。笑
IMG_1610.jpg
今年は輪島の石川県健康の森というキャンプ場へ行きました。
小さい子供が何人もいるので、キャンプといってもテントではなくコテージに泊まります。
IMG_1647.JPG
外観は古いですが、中はリフォームされていてお風呂やトイレも広くてきれいでした!
日頃、エアコンが当たり前の生活になっているので汗をかくことがあまりありません。
山の中ということで暑過ぎず、でも気持ちの良い汗をかくことができ、すごく健康的な生活ができました。
自然の中で生き物とふれあい子供たちにとってとても良い2日間になったと思います。
utikata-icon-c1ad0-thumbnail2.jpg
| 日記

2017年08月13日

水災への備え

ここ数年、温暖化の影響からか、台風による被害や、豪雨による洪水などの被害が増加傾向にあります。先日から、富山県内でも洪水・大雨警報が発令される日が多くありました。

水災とは大雨による洪水や、高潮、土砂崩れです。これらの被害による損害は火災保険において、水災補償をつけていなければ補償の対象外になってしまいます。洪水や土砂崩れによる損害は建物、家財共に大きな被害になりやすく、損害額も大きくなってしまいます。また、これまでに例を見ない雨量に、都市の排水機能が追い付かずにあふれてしまう「都市型洪水」の危険性が増えています。その為、家の周りに大きな川や土砂崩れの危険のある個所がなくても、水災がないと安心できなくなっています。

ご自分の地域が洪水や土砂災害の危険がどれくらいあるのかは、自治体の出しているハザードマップでも確認できます。いざというときの備えとして、是非自治体のHPなどで1度チェックしてみてください。

yamamoto-icon2.jpg
| 日記

2017年08月12日

涼モール。

昨日、昨年から施行された山の日祝日でした。
お盆休みの初日という方も多いのではないでしょうか。

イオンモールかほくの入り口には開店前から30〜40人の行列ができていました。お目当ては、話題のボーカルグループ”Little Glee Monster”のミニライブでした。

このお盆休みの間イオンモールかほくでは、”キッズボルタリング体験”や、夏休みの自由研究に役立ちそうな”ガラス絵・ハンカチ染め・段ボール工作教室”などお子様向けのイベント満載です。この夏、イオンモールかほくに来て【涼しく・楽しく】過ごして下さい。

もちろん保険クリニックも涼みながら、保険の相談承っております。

涼モールの極み!HIDEandSEEK殺人鬼の館も大好評です!katagishi-icon-358ce-thumbnail2.jpg


| 日記

2017年08月11日

200m

日本時間では早朝、世界陸上の200m決勝が行われ日本のサニブラウン選手が14年前の大会で日本人初の銅メダルを獲得した末續慎吾さん以来の決勝を走りました。元陸上部の陸上ファンの私もテレビ観戦で夢を見させて頂いたという感じです。決勝ではメダルには届かず7位入賞という結果でしたが、まだ若いので未来に期待が持てます。今大会で引退のボルト選手の後継者的な位置で東京オリンピックでの活躍を期待せずにいられません。

もう少し若い世代では先週行われたインターハイの200mで富山商業の福島聖選手が優勝、高校日本一になりました。この種目での富山県選手の優勝は初、北陸3県でも初、北信越まで広げて北京オリンピックで400mリレーで日本初の五輪メダルメンバーの塚原直貴さん以来2人目の快挙です。福島選手は2年前に、富山県出身のオリンピック選手の大森盛一さんの持っていた200m県高校記録を破ってから私も注目し応援してましたので嬉しいです。まだまだ伸びる選手だと思います。大森さんはオリンピックで大トリの種目1600mリレーで日本を64年振の決勝進出に導きアンカーとして決勝で出した記録は20年以上アジア記録として残り続けています。実はかつてサッカー少年だったサニブラウン選手は大森さんが監督の陸上クラブに入ったことから陸上を始めています。

大森さんと同じ歳で富山県で陸上部だった私としても福島選手が将来、サニブラウン選手とリレーメンバーを組み陸上史に残るような活躍してくれるのではないかと期待しています。
saga-icon-2eaaa-thumbnail2.jpg
| 日記

2017年08月10日

先進医療特約について

先進医療とは、厚生労働大臣の認める、高度な医療技術を用いた治療方法で平成29年7月1日現在、104種類あります。

先進医療での治療は身体にも負担が少なく、治療としての効果も高いというメリットがあります。しかし、先進医療は健康保険対象外となっているため、もし治療を受けた場合は、先進医療にかかる費用はすべて自己負担となります。先進医療の治療費の例ですが、1番件数の多い「多焦点眼内レンズの水晶体再建術」では約50万円、高額になるものでは癌の重粒子線治療で約260万円、陽子線治療では約300万円かかるものもあります。

しかし、医療保険などの先進医療特約に加入していれば、そういった費用の面を、少ない保険料でカバーすることができます。先進医療をオプションで付けた場合、保険料は各保険会社で異なりますが、大体100円前後となることが多いです。また、治療費については先進医療にかかる費用は2000万円まで保障してくれる商品が多くあります。

先進医療は、治療法によっては医療機関が限られているため、受診したい医療機関が遠方の場合は、さらに交通費等の費用の面から諦めざる負えない場合があります。しかし治療費の心配なく受診できる保証があれば、安心して治療に専念できると思います。

もし、現在何らかの生命保険に加入している場合、特約として保障をプラスすることも可能です。
是非一度、ご相談ください!

yamamoto-icon2.jpg

| 日記

2017年08月09日

猛暑の立秋

暦も上では秋となりましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。

先日、台風5号によって太平洋から流れ込んだ暖かく湿った南風が、山を越えた時に高温の風となって吹き下ろす「フェーン現象」で、日本海側を中心に猛暑となりました。特に、北陸エリアが危険な暑さとなり、携帯電話の防災速報で「熱中症の危険あり。運動は原則中止。石川県」というものが流れてきて驚きました。

月曜日は、イオンモールかほくのある石川県かほく市で、県内観測史上最高気温を観測したそうです。その日の全国一の暑さで39.0度を記録したそうです。
立秋とはいえ、爽やかな風とはほど遠く猛暑が続くので、熱中症対策が必須です。
屋外だけではなく、屋内も注意してくださいね。約4割の方が室内で熱中症になっているそうです。特に、高齢者の方は気をつけてくださいね。水分補給は喉が渇く前にこまめにして、節電と気を遣わず、エアコンを上手に使うといいと思います。
熱中症は、短時間のうちに重症化してしまう場合があります。周囲の人たちも注意してあげるといいですね。
ota-icon-thumbnail2.jpg
| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com