2016年12月04日

お子様のお小遣い

金融広報中央委員会「知るぽると」(平成22年調査)によると、小学校低学年・・・「ときどきもらっている」が6割弱小学校中学年・・・「ときどきもらっている」が4割弱どちらも、最も多いお小遣いの金額は、100円小学校高学年・・・「月に一回もらっている」が5割強最も多い金額は、1,000円金額がぐ〜んと上がります!!中学生の1か月のお小遣い金額で最も多かった回答は1,000円高校生になると、平均金額は5,000円更に、金額がぐ〜んと上がります!!やはり高校生ともなると、交友関係が広がり、欲しいものの金額も高くなるのでしょうか。更に調査では、子ども達がもらったお小遣いの使用用途を調査されています。小学校低学年の場合、お菓子・ジュース・おもちゃ・ゲーム。小学校中学年と高学年の場合、ゲーム・おもちゃ・お菓子・ジュース・漫画。中学生の場合、小学生の使用用途に加えて「友だちとの外食・軽食代」、「休日に遊びに行く交通費」がランクイン。高校生になると、友達の外食・軽食代が断トツ1位。飲食物への出費も増えるという内容でした。中学生や高校生になると、交友関係にお金を使うことが多いようです。調査結果を見ていると、子ども達社会のお付き合いが有ります。私にも成人した娘がおりますが、娘が学生の頃にお小遣い面で厳しくしてしまったと反省しております。お子様との毎日の大事な時間の中に、お小遣いについてのお話し合いなどされても良いかもしれないですね。
mizutaka-icon.jpg
| 日記

2016年12月03日

流行語大賞

先日、新語・流行語大賞の発表がありました。
広島東洋カープの鈴木誠也選手の活躍ぶりを見て緒方監督が放った一言【神ってる】が大賞に選ばれました。
結果25年ぶりに広島東洋カープはリーグ優勝をしました。

その次に話題になるのは、【今年の漢字】です。今年の漢字とは、その年の世相を表す漢字一文字を、決定・公表する(財)日本漢字能力検定協会のキャンペーンだそうです。

毎年12月12日の【漢字の日】に合わせて、京都の清水寺で発表しています。

日本全国より公募を行いその中で最も応募数の多かった漢字一文字を今年の漢字として決めているのです。

清水寺で巨大な和紙に漢字一文字を書き込む映像を目にしますが、それを見ると今年も押し迫って来たんだなぁ〜と感じます。

今年はどんな字が選ばれるのでしょうか?katagishi-icon-358ce-thumbnail2.jpg

| 日記

2016年12月02日

示談交渉サービス付

先日、現契約の更新にあたっての内容の確認と見直しをさせていただく為、20年のお付き合いのある家庭に訪問させていただきました。
以前にお亡くなりになられた祖父、祖母からのお付き合いですが、お孫さんが解決に難航な事故に遭われてしまった過去の話題が出て、1年半以上相手方との交渉がまとまらず当時のお父様、お母様も含めて苦しかった心情や話が進展したことへの安堵感など話を聞かせていただきました。
 
その時に改めて示談交渉サービス付の賠償保険の必要性を感じました。自動車保険の対人、対物賠償に関しては例外を除き今では示談交渉サービスが、ほぼ付いているのが当たり前の感じですが、最近話題が出がちな自転車事故などの日常生活での個人賠償責任保険では意外と付いていないものもあります。また最近クレジットカードに賠償責任保険付帯のものも見ますが交渉サービスの他、補償限度額、免責金額もまちまちです。

示談交渉は法律行為になる為、当事者本人、弁護士等以外はしてはいけない定めになっています。しかし当事者間のみではスムーズな交渉がうまくいかないばかりか、感情的な面から拗れてしまう恐れもあります。そう考えるとやはり示談交渉サービスは必須だと思います。
また被害者となったことを考えると代理の示談交渉がさらに難しいので弁護士への費用を補償する特約も備えておきたいですね。saga-icon-2eaaa-thumbnail2.jpg
| 日記

2016年12月01日

たまごの力

たまごを食べるとコレステロールが多いから控えめにという話を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。今でもそう思っている人がいると思います。卵は1日1個まで、が常識のように言われていたこともあるようです。
ですが、近年では、米農務省が「コレステロール摂取の制限をなくす」と発表。続いて日本でも、厚労省がコレステロールの1日の摂取基準値を撤廃。日本動脈硬化学会も「食事で体内のコレステロール値は変わらない」と声明を発表しています。
日本人は平均20グラム前後のタンパク質が不足しているといわれています。卵1個から取れるタンパク質は約7グラム。健康維持のために、1日3個は食べるべきなんだそうですよ。
1日3個食べる生活を始めた50代の脳科学者は、記憶力の向上に加え、体重が10キロ減り、脂肪肝が完治という例もあるようです。
いかがですか?たまごの食べすぎは良くないはもう過去の話です。これからは、たまごを積極的に摂取していきましょう!わたしも、ゆでたまご、たまご焼き大好きです!yoshii-icon-thumbnail2.jpg
| 日記

2016年11月30日

治療と仕事の両立

病気を理由に、仕事を辞めてしまうことがあります。
仕事を辞めてしまうと収入が減り、貯蓄を取り崩すことに・・・、すると貯蓄も減っていきます。また、仕事を辞めると厚生年金の加入期間が短くなって、将来の年金額も減ることになります。老後破産の引き金になるかも・・・ですよね。

万が一のときのために、治療と仕事を両立する備えが必要となります。
なかでも、がんは治療が長くなりがちなので、貯蓄やがん保険で収入源を補うことが大切です。確かに、有給休暇や傷病手当金などの制度も利用できますが、長引いた時に補いきれるか・・・です。
特に、自営業や非正規雇用の場合、治療で仕事を休むことで仕事を失うリスクもあるので、より準備をして備える必要があるように思います。

今一度、がん保険や医療保険の内容(支払い事由等)を再確認の必要があるのではないでしょうか。
ota-icon-thumbnail2.jpg
| 日記

2016年11月29日

自動車保有台数について

日本の自動車保有台数は現在約8,090万台(2016年3月)で、50年前に比べると約10倍の増加。また前年に比べると約23万台増加しているそうです。これは日本の人口が約1億2700万人なので、約1.6人に1人の割合で自動車を保有していることになりますね。

また自動車の平均使用年数はというと、乗用車の場合約12.7年で年々長期化傾向にあるそうです。この理由は自動車の車体やエンジンの耐久性などの性能が向上しているのはもちろんですが、景気も影響しているみたいです。

これらのデータを見ると、改めて自動車の普及のすごさを感じます。また日本の経済と自動車産業のつながりの重要性も実感しました。
運転者としては長い期間同じ自動車を使用する分、メンテナンスは重要になってきます。定期的に行っていく必要がありますね。tsukada-icon.jpg
| 日記

2016年11月28日

ものもらい

私はものもらいになりやすいようで、度々目が重くなったり痛くなったりします。
今も痛いです。まだ診察にはいけていないのですが、おそらくものもらいではないかと思います。
いつも眼科で薬を処方してもらうのですが、そろそろ切開してきちんと治してしまった方が良いのでしょうか・・・
そういえば、ものもらいの手術が手術給付金に該当する医療保険があることをご存知ですか?
全ての医療保険で該当する訳ではないのですが、ものもらいだけでなく中耳炎の手術など入院をしないで出来るような比較的簡単な手術も幅広く保障してくれる医療保険が増えてきました。
小さいお子さんは中耳炎によくかかりますし、痛い思いをさせてしまった分、手術給付金でご褒美を買ってあげてもいいかもしれませんね。

さて、今年も残すところ1ヶ月余りとなりましたね。
あっという間の11ヶ月。残りの1ヶ月はさらにあっという間に過ぎていきそうな予感です。
とりあえず年賀状の手配は出来ましたが、お歳暮の準備をまだしていません。。
慌しいですが、病気や事故等に気をつけたいですね。

utikata-icon-c1ad0-thumbnail2.jpg
| 日記

2016年11月27日

車検切れの車両を取り締まり

全国で推定20万台ほどが走っているとみられる車検切れの車を、路上で新システムを使って取り締まる方針を2018年より国土交通省が本格的に運用を目指すようです。
持ち運び可能なカメラで登録ナンバーを読み取り、瞬時にデータと照合し車検切れかを判別後、係員が警察と連係して取り締まるようです。

国交省の調査では、2015年度末時点で登録が必要な車やバイク約8000万台のうち約300万台が車検を受けず廃車の手続きも取られてなく、放置されているケースも有るようですが約20万台がそのまま公道を走っているとみられるようです。

車検は道路運送車両法に基づく義務で、指定の取扱工場等で車両の安全性を確認する制度です。
自家用車は最初が3年目、以降2回目からは2年ごとに受けますが、通常車検時に自賠責保険も更新契約するため、車検切れの車は自賠責保険も切れている心配が有ります。
自賠責保険と同様任意保険も大切です。
万が一の事故の備え、充分な補償にご加入される事をお勧め致します。

mizutaka-icon.jpg
| 日記

2016年11月26日

いざという時の点検。

数日前から、あちらこちらで道路の融雪装置の点検作業を見かけるようになりました。

作業員の方が融雪の水がちゃんと出る様、目詰まりなどをしゃがみ込んで直しているのですが、その横を通りぬける時、誤って車道側に出てこないか、はねた水を掛けてしまうのではないかと思ってしまいます。

クルマ側からすると少々迷惑に思いますが、雪が降って来たときしっかり水が出てもらわないと困るので仕方ありません。

保険もいざと言う時、保険金や給付金などしっかり出てもらわないと困りますよね!

あなたの保険も点検が必要かもしれません。katagishi-icon-358ce-thumbnail2.jpg
| 日記

2016年11月25日

タイヤ盗難に注意

今週末あたりは北陸はスタッドレスタイヤへの交換が盛んに行なわれるのではないでしょうか。
昨日、富山の店舗の近所にパトカーが駐車していて警察官の方が写真を撮ったり聞き取りをされていました。

外に居られた店舗の近所の顔見知りの方に何があったのかと尋ねますと、タイヤ交換に備えて物置の手前の方に出しておいた新品のスタッドレスタイヤが無くなって盗難に遭ってしまったようだとのことでした。

近年、外国への転売目的と思われるタイヤ盗難が急増しているようです。やはり冬用タイヤとの交換時期が発生件数が多いようです。油断せずに車庫や物置のタイヤの保管には鍵掛を忘れず行ないましょう。saga-icon-2eaaa-thumbnail2.jpg



| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com