2017年07月31日

年金定期便

今月は誕生月なので、色々なショップから「おめでとうございます」とDMメールが届きました。
割引のクーポンコードが記されているので、ついつい利用して買い物をしてしまいました。。。
まんまと策略にやられています。笑
しかし、お得に買い物できる事には変わりないので、年1回の楽しみでもあります。

そして、誕生月といえば、年金定期便。
先日、帰宅すると届いていました。
自分の老後のライフプランを考えるのには参考になる資料の一つですね。
見るたびに、本当にもらえるのかな・・と不安でしかありません。
少しでも老後に対しての不安を払拭するためには、1歳でも若いうちからコツコツと貯蓄していくことが必要ですね。
生命保険をご活用されるのも一つだと思います。

utikata-icon-c1ad0-thumbnail2.jpg
| 日記

2017年07月30日

生命保険の種類

今回は、生命保険の種類についてお話をしたいと思います。どんな保障が必要かはなんとなく分かるけど、どんな商品に目をむけたらいいのか、生命保険の種類を3つご紹介します。

1、大きな保障が必要な場合:定期保険
ある一定期間を保険期間、大きな保障額を必要とする場合に備えます。少ない保険料で大きな保障を得られるという点がメリットになっています。収入保障保険もこの定期保険に分類され、残された家族が生活していく為の保険といえます。

2、お葬式代として備える場合:終身保険
終身保険は定期保険とは逆で、保障期間が終身(一生涯)にわたる保険です。保険料の払込総額が、保険金額や返戻金を上回るものが多く、保障だけでなく貯蓄性もあります。死亡保険金を、ご自身のお葬式代として
準備できる保険です。

3、手術や怪我に備える場合:医療保険
病気や怪我になってしまったときの入院費や手術に備える保険です。ガンと診断されたら一時金としてまとまった費用が保障されるものや、3大疾病になってしまったら保険料が免除となるものなど、保険会社によっていろいろな保障があります。病気や怪我をするリスクは年齢があがるにつれて増えていくため、医療保険も終身タイプのものに加入することがお勧めです。

今現在ご加入の生命保険の内容は、どの保険に当てはまったでしょう?そしてその保険はどういった時に必要で、どんな目的で加入されたでしょう?生活スタイルが変わる中で、保険も必要なものは変わっていきます。
ぜひ一度チェックして保険を見直してみましょう!
yamamoto-icon2.jpg
| 日記

2017年07月29日

ペットボトル症候群。

暑い夏は、ついつい冷たい飲み物を飲みすぎてしまいます。
その水分補給に、スポーツドリンクや清涼飲料水などの糖分が多量に含まれた飲み物を飲み続けると、急性の糖尿病が起こることがあります、この症状を「ペットボトル症候群」と言います。

〜ペットボトル症候群セルフチェック〜
□ スポーツドリンクや清涼飲料水を毎日飲んでいる
□ のどがよく乾く
□ 疲れが取れない
□ 肩こりがする
□ 急に体重が減った
□ トイレが近くなった
これらの症状が思い当たる人は要注意です。

〜予防と治療法〜
ペットボトル症候群(糖尿病もしくは糖尿病予備軍)と診断されたら最初に行うのは生活習慣の見直しです。
まず、水分補給には水かお茶を飲むようにし、スポーツドリンクや清涼飲料水は極力避けましょう。
食事は、適量の食事量(カロリー)のなかでバランス良く食べ、1日3回規則正しく食べることや、よく噛んでゆっくり楽しんで食べましょう。そうすることによって、急激な血糖値の上昇を防ぐ効果があります。
また、適度な有酸素運動をすることも有効です。有酸素運動には筋肉細胞へのブドウ糖取り込み効果があるのでインスリンの節約効果が期待できるからです。
katagishi-icon-358ce-thumbnail2.jpg


| 日記

2017年07月28日

応募してみませんか

保険クリニックでは、家族をテーマとしたフォトコンテスト「〜うちがいちばん!〜わが家のフォトコンテスト」が開催されていて応募受付中です。大賞には賞金25万円、優秀賞と動画部門賞には各10万円が贈られます。応募締め切りは2017年10月31日です。
IMG_0514.JPG


夏休みシーズンは家族と過ごす時間も増え写真や動画を撮る機会も出てくるかもしれません。
家族の「ほっと」くつろいだ瞬間や「元気いっぱい」な風景を写真や動画にしてご応募ください。

応募の規定や方法はこちら ⇒ https://www.hoken-clinic.com/photo/saga-icon-2eaaa-thumbnail2.jpg



| 日記

2017年07月27日

個人賠償責任保険

 自動車保険や火災保険、傷害保険など色々な保険の中に、これまた多種多様な「特約」と呼ばれるオプションがあります。特約をつけることにより、より補償内容が充実したり、日常生活の中で困ったことを補償してくれるものなどがあります。その特約の中でも、色々な保険の特約として付帯できるものが「個人賠償責任保険」ではないかと思います。「個人賠償責任保険」とは、日常生活で他人に対して、ケガを負わせてしまったり、モノを壊してしまったりして法律上の賠償責任を負った場合、その損害賠償について補償するというものです。

例えば……
・買い物中、商品を誤って壊してしまった。
・公園で子どもが他の子にぶつかってケガをさせてしまった。
・自転車で、通行人にぶつかってケガをさせてしまった。
などのように、日常生活の中で起こりうる事故・トラブルのケースが対象となっています。更に、この保険をつける大きなメリットは、保険の対象となる人の範囲が広いというところです。通常は、本人・配偶者・同居の親族・別居の未婚の子が対象となっていて、その家の世帯主などが加入していれば、ほぼ家族全員の補償とすることができます。そのため、この保険は一家に1つあれば大丈夫な保険といえます。

示談交渉などのサービスがついているものや、同じ保険会社の中でも、火災保険の個人賠償責任特約は1億円まで補償しているが、自動車保険では無制限の補償となっているものがあります。こちらの記事(参考記事: 対人・対物賠償について)でもお話しましたが、他人への賠償責任の額は大変高額になることがあります。特約でつける個人賠償責任保険は、保険料も安くなっているので、どの保険のオプションを選んでも同じと思わずに、特約の面も比較し、より良い補償内容のものを選んでいただくのが良いかと思います。

yamamoto-icon2.jpg
| 日記

2017年07月26日

冷房病

これから本格的な夏になります。本来、夏は大量に汗をかくはずの季節です。それが現代では、冷房の効いた環境で快適に過ごせる反面、エアコンに頼ってしまい健康を害することも出てきます。

医学的な病名ではありませんが、冷房病と呼んでいるものがあります。冷房病とは、クーラーのかけ過ぎで体が冷えたり、疲れてだるくなったりと、冷房が原因で起こる様々の症状のことです。「冷えすぎ」と「温度差」によって起こります。

対策としては、クーラーの設定温度を高めにして、外気温との差を5°以内にしたり、タイマーを利用してつけっぱなしに気をつけましょう。また、軽く汗をかくような運動も予防には有効だそうです。入浴も、シャワーで済ませないで、ぬるめの湯にゆっくり半身浴をしたり、足湯をするだけでも効果的です。また、体を温める食事を摂るようにしましょう。冷たい飲み物も摂りがちですがなるべく控え、規則正しい食事を心掛けて、冷房病に気を付けて、この夏を乗り切りましょうね。
ota-icon-thumbnail2.jpg
| 日記

2017年07月25日

食生活について

私も40歳になり体調管理には気を遣うようになりました。特に食べ過ぎには注意しています。
子供に比べ、大人になると必要なエネルギーは減少すると言われています。成人男性は2200キロカロリー程度、女性は1800カロリー程度が摂取の目安だそうです。

最近105歳でお亡くなりになった聖路加国際病院の日野原重明先生は、健康のために食習慣に気をつけるのは大切だが、こだわり過ぎもよくなく、特に1日3回の食事をしっかりとる事に関しては、かえって身体に良くないとも言っておられたそうです。
また、先日大相撲で39度目の優勝をした白鵬関も、場所中の昼食をあまり食べないらしく、そのほうが体も動くし頭も冴えるそうです。

体質や体格・日常生活や労働など人によって様々なように、必要なエネルギーも人によって違いがあると思います。私も自分の持っている力を日々十分に発揮できるよう、自分にあった食生活を身につけたいと思います。tsukada-icon.jpg
| 日記

2017年07月24日

引受の目安

生命保険を申し込む際に、被保険者の方には体況について告知(または、医師による診査)をして頂きます。
告知書の質問には、過去3ヶ月以内の診療状況や過去5年以内の病歴、健康診断での指摘についてなどの項目があります。
例えば、お客様が告知に該当された場合、私たちは各保険会社のシステムを使い「引受の目安」を確認します。
そうすることによって、お客様により条件の良い保険会社でご加入して頂くことが出来ます。
その「引受の目安」ですが、年に1度もしくは数年に1度、各保険会社によって見直されます。
その結果、1年前には治療中は加入できなかった病気が、現在は治療中であっても加入できるということがあります。
以前に引受けてもらえなかったという方や、現在、引受基準緩和型の医療保険にご加入の方も、今一度お気軽にご相談くださいね。

utikata-icon-c1ad0-thumbnail2.jpg


| 日記

2017年07月23日

地震保険

東日本大震災や熊本大地震をうけてか、地震保険の加入率は年々、増加傾向にあります。地震保険は、非常に公共性の高い保険で、「地震保険に関する法律」に基づき、日本政府と民間の損保会社が共同で運営しています。その為、補償内容や保険料は、全社共通保険会社間で差が無い事が特徴となっています。

また、地震保険は単体で加入することはできず、火災保険に付帯して加入する保険となっています。火災保険単体では地震、噴火またはこれらによる津波を原因とする損害については補償されていません。ここで注意して頂きたいのは、火災保険では地震が原因の火災は補償されていないという点です。震災時には、地震の混乱で通常の消火活動ができない可能性や、地震による延焼などが原因で被害が拡大化してしまう恐れがあります。また、津波での損害も地震保険での補償となります。こういった大きなリスクをカバーする為には、火災保険に付帯している地震保険に加入する必要があります。

そして、火災保険に付帯している保険ではありますが、主契約となる火災保険とは、保険金額や支払い方法などが大きく異なっています。地震保険加入の際には、火災保険で設定した建物や家財の保険金額の、30〜50%を地震保険での保険金額として設定します。(ただし建物5000万円、家財1000万円が限度です)たとえば、火災保険で建物に2000万円の保険金額を設定されている場合では、地震保険での保険金額は600万円〜1000万円となります。また、実際に被災された時には、火災保険のような実損払いではなく、損害の程度が4段階に区分されていて、損害の大きさによって保険金額の一定割合を限度に保険金額が支払われるという点も火災保険とは異なる点です。

私は、震災後の仙台で2年ほど暮らしていたのですが、地震保険に入られていたことで、建物の修理や、家財の買い替えができ、早い段階で、生活を立て直すことができたという話をお聞きする機会がありました。火災保険の保険期間の途中でも、地震保険に加入することは可能です!地震が起きてしまったとき、ご自分の身を守る防災グッズと同じように、大切な家や家財を守るため、保険で備えましょう!
yamamoto-icon2.jpg
| 日記

2017年07月22日

夏の交通安全県民運動

夏の交通安全県民運動がスタートしました。
【期  間】
 7月21日(金)〜7月30日(日)
【スローガン】
 さわやかに 夏を走ろう 北陸路
【重点項目】
 1 子どもと高齢者の交通事故防止
 2 飲酒・暴走運転の根絶
 3 全ての座席のシートベルトとチャイルド
   シートの正しい着用の徹底
 4 歩行者の安全確保の徹底

夏は解放的になる一方で、暑さにより疲労を感じることから、ドライバーも歩行者も注意力が低下しやすくなります。
子供たちも夏休みに入り、日中あちらこちらで見かけるようになりました。
交通事故を起こさない、交通事故にあわないように、交通安全を心がけましょう。katagishi-icon-358ce-thumbnail2.jpg
| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com