2018年02月28日

セカンドオピニオンのメリットと注意点

患者がある病気で診断を下された際に、診断結果やその後の治療方針や治療方法について、第2の意見を主治医以外の医師から意見を聞くのがセカンドオピニオンです。
患者が、より自分にあった治療方法を探すためというのはもちろんですが、家族や自分が納得して治療を受けるためでもあります。例えば、がん患者さんが、セカンドオピニオンを受けたとしても、結果は変わらなかったという場合も多いですが、もしかしたら他の治療方法があったかも・・・という後悔が残ることがあります。私も家族や知人を亡くしていますが、家族にとっては亡くなってからの後悔が計り知れないのです。私の場合、何年経っても心残りですね。
セカンドオピニオンをためらう理由としては、「どの医師に受けたらいいのか」「主治医に悪い気がする」などがあるそうです。分かる気もしますが、以前に比べ実施機関も増えていますし、医師の間でも浸透しているので遠慮はいらないと思います。

セカンドオピニオンのメリットですが
・新たな治療方法が増え、選択肢が広がる
・自分の症状に最もふさわしい治療方法にたどり着ける可能性が高い
・他の医師の意見を聞くことにより、不安が一掃され、安心感が得られる
注意点は
・主治医より知識・経験豊富な医師を選んだ方が良い
・早い段階(治療を始める前)で受けた方が良い
・各分野の専門医の方が良い
などです。
ご加入中の医療保険に、セカンドオピニオンサービスが付帯されていることも多いです。中には、優秀専門臨床医を紹介してくれるという付帯サービスが付いている保険会社もあります。新加入や見直し加入の場合の選択肢の一つにして下さいね。
ota-icon-thumbnail2.jpg
| 日記

2018年02月27日

ドライブレコーダーの重要性

先日、交通事故の番組をテレビで見たのですが、改めてドライブレコーダ―の重要性を感じました。

そもそも交通事故は皆さんもご存知のとおり、相手がいる場合は過失割合が発生します。過失割合とは、発生した交通事故に対する責任(不注意、過失)の割合のことです。この割合の基準となるのが過去の裁判の判例で、それを基に実際の事故状況に応じて修正し決定していきます。
私もこの保険業界に入り15年経ち、数百件の交通事故を経験させてもらっていますが、事故の半分以上は相手との割合見解に相違があります。そのなかで、私の経験上でも相手の見解に違和感を覚えることはあるのですが、それを立証することができるかというと、第3者の証言などがない限り非常に難しいです。

ドライブレコーダーは映像で確認できるところが非常に優れており、事故状況はもちろんの事、その時の周辺状況も把握できるのがメリットだと感じました。まさに「百聞は一見にしかず」です。

保険会社によっては自動車保険のオプションでドライブレコーダーをレンタルできるところもあります。費用は多少かかりますが、自分自身も安全運転に心掛けるようになるみたいですし、買うのはちょっと・・という方にはお試しで良いかもしれませんね。tsukada-icon.jpg
| 日記

2018年02月26日

引受の目安

生命保険を申し込む際に、被保険者の方には体況について告知(または、医師による診査)をして頂きます。
告知書の質問には、過去3ヶ月以内の診療状況や過去5年以内の病歴、健康診断での指摘についてなどの項目があります。
例えば、お客様が告知に該当された場合、私たちは各保険会社のシステムを使い「引受の目安」を確認します。
そうすることによって、お客様により条件の良い保険会社でご加入して頂くことが出来ます。
その「引受の目安」ですが、年に1度もしくは数年に1度、各保険会社によって見直されます。
その結果、1年前には治療中は加入できなかった病気が、現在は治療中であっても加入できるということがあります。
以前に引受けてもらえなかったという方や、現在、引受基準緩和型の医療保険にご加入の方も、今一度お気軽にご相談くださいね。

utikata-icon-c1ad0-thumbnail2.jpg
| 日記

2018年02月25日

困ったときのロードサービス

自動車保険に付帯されているロードサービスの内容はみなさんご存知でしょうか。

ご契約の自動車が事故、故障によって走行不能となった場合に保険会社の専用デスクに連絡すると業者を手配し、原則キャッシュレスでけん引や応急処置を利用することができます。

バッテリー上がりの時のジャンピングやキー閉じ込み時の鍵開け、また燃料切れの給油サービスなど各保険会社で差はありますが困ったときなどに使えるサービスがたくさんあります。

このようなサービスが付帯されていてもどんな時に使えるか知らなければ、とっさの時に使えない可能性があります。なので定期的な内容確認をしていきましょう!

yamamoto-icon2.jpg

| 日記

2018年02月24日

健康に「足し算」・「引き算」

先日、健康診断を受けてきました。
順番待ちをしていた医療機関の廊下に貼ってあったポスターです。

健康に「足し算」・引き算」

【足し算とは】
・かつ丼一杯の満腹感よりとんかつ定食の満腹感。
(単品より、野菜の小鉢などついた定食を選びましょう。)
・残された「付合せの野菜」は、残念でたまりません。
(付合せの野菜はあなたの健康を気づかうために添えられています。)
・レンジでチン!で、うまくプラスできます。
(野菜には加熱すると量が減り、おいしくたくさん食べれるものがあります。)

【引き算とは】
・”残さず食べましょう”があてはまらない場合もあります。
(麺類の汁は塩分豊富。残すことを心がけましょう。)
・しょうゆやソースは「かける」より「つける」。
(お刺身やお寿司のような食べ方が、塩分カットのお手本です。)
・お出汁で減塩、愛の味付け。
(「こんぶ」や「かつをぶし」など、出汁をきかせると旨味が増して塩分を減らすことができます。

と書いてありました。 心掛けたいものです!
katagishi-icon-358ce-thumbnail2.jpg
| 日記

2018年02月23日

割引や値下げで

最近は禁煙ブームともいえる世の中であり、生命保険商品でもタバコを吸われず、一定の健康状態を満たすことで割引になるなどのリスク細分型商品も増加傾向です。

細分化されているリスク区分の主なものとしては@喫煙歴の状況 A血圧値が保険会社所定の範囲内 BBMI(ボディ・マス・インデックス)値が保険会社所定の範囲内 などがあります。
@の喫煙については過去1年間喫煙したことがないという告知に加え所定の検査で喫煙反応の有無を確かめます。ABについては告知以外に保険会社の条件を満たした健康診断結果通知の提出や保険会社から保険加入の為の診査を請け負っている医師の審査結果で可否を保険会社が判断します。

会社によりAやBの数値の範囲が異なっていたり、非喫煙の期間が2年だったり、自動車運転免許の色や任意で加入する自動車保険の等級も割引に反映されたりする商品もありますが条件を満たすとより大きな保険料の割引になるようです。

生命保険は基本的に年齢が若い方が保険料は安いのですが、こんな割引商品に加入できたり最近の平均寿命の延びを反映した値下がりした商品で見直ししてみることで、予想以上の効果があるかもしれません。
saga-icon-2eaaa-thumbnail2.jpg
| 日記

2018年02月22日

自動車を運転する方が変わる時

春が近づき、新生活に合わせて車を求められる方も多いかと思います。自動車業界でも1〜3月は1年の中でも需要期とされているようで、最近、弊社にも増車などの連絡を頂く機会が増えています。ただ、増車に限らず家族間で運転される方の条件が変わる場合もあるかと思います。
 例えば、大学卒業後にお子さんが実家に戻ってきて同居されてご家族の車を運転する場合や免許を取られたばかりのお子さんが親御さんの車で練習される場合など様々なケースが考えられますが、これらの場合にご注意頂きたいことの1つに「ご契約の自動車保険の運転者条件を満たしているかどうか」があります。
 自動車保険では年齢条件を始め、本人・配偶者限定や家族限定などの運転者の範囲を特約で付帯することが出来ます。運転者の条件を限定することで保険料を下げることが出来る反面、条件に満たない方が運転された場合、無保険で運転している状況になってしまいます。万一の時の補償ですからこうした状況にならないよう、いつもと違う方が運転される可能性がある場合、証券等で条件を満たすかをまずご確認をお願い致します。
もしも補償内容が分かりにくい時や、ご心配な点がありましたら是非お気軽にご相談下さいね。
okemoto.jpg
| 日記

2018年02月21日

オリンピック

連日、オリンピックの放送を観て感動しています。
日本と韓国の時差がないおかげで、放送時間も観やすい時間帯ですよね。
子供たちと同じ年代の選手たちが、頑張っている姿は本当に尊敬します。4年に一度しかないこの日のために、4年間努力してきたのかと思うと、結果よりも過程に感動します。
金メダルの羽生結弦選手が、メダルセレモニー直後のインタビューで「全てを犠牲にしてきた」と語った言葉が忘れられないです。何のために、誰のために、全てを犠牲にして戦うのか・・・。どんなものを犠牲にしてきたのか、想像すら出来ません。「いろんなものを犠牲にして頑張ってきたご褒美が金メダル」ともおっしゃっていました。深い言葉です。
全ての選手にもいろいろな過程があったと思います。リスペクトしたいですね。いろいろなことを考えさせられるオリンピック期間です。
ota-icon-thumbnail2.jpg
| 日記

2018年02月20日

確定申告

2月16日より2017年分の確定申告が始まりました。毎年この時期になると、税務署付近は駐車場に入るための車の列ができ、確定申告の時期が来たなと実感します。皆さんのなかでもこの時期は大変忙しい方も多いのではないでしょうか。

確定申告と保険といえば、生命保険料控除や地震保険料控除があります。
所得控除の要件や金額については国税庁のHPご参照下さい。

生命保険料控除について
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm
地震保険料控除について
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1145.htm

控除証明書については各保険会社より10月末からご自宅に発送となっていると思いますが、紛失などにより見当たらないケースもあると思います。その際は保険会社で再発行することも可能ですので、何なりとご相談下さい。tsukada-icon.jpg
| 日記

2018年02月19日

花粉症

まだ一部の地域のようですが、花粉の飛散が始まっているようです。
2月に入ってから花粉症の薬のCMもよく目にするようになりました。
CMを観ているだけで、鼻や目がムズムズしてきます。笑
2月から飛散し始めると花粉に苦しめられる期間がものすごく長いですよね。
それに加え、毎年毎年、飛散量が増加傾向にあります。
戦後に大量植林された杉の木が開花の適齢期を迎えていることが原因のようです。

完治は難しいようなので、苦しみをいかに軽減するか。
症状が出る前に薬を服用すると良いようです。
そして、基本的な、マスク・めがねで体内へ花粉が入るのを防ぎ、うがい・手洗い・部屋の掃除をこまめにすることが大切ですね。
空気清浄機も使用したいです。
ヨーグルトやお茶などで花粉症に良いと言われているものも出ていますが、すでに発症した花粉症の症状をしっかりと抑える効果は基本的に期待できないため、やはり医師に相談し自分に合った治療薬を処方してもらうのが1番のようです。

私もそろそろ花粉症対策を始めないと。

utikata-icon.jpg

| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com