2018年02月01日

こんなときは家財補償で・・

前回のブログで家財の補償について少しお話させていただきましたが、家財保険がどんな時に補償出来るか事例を挙げてみたいと思います。

ひとつは落雷による被害です。例えば、
「雷がアンテナや分配器に落ちてテレビやゲーム機、パソコンなどの電化製品が壊れてしまった」
このような場合でも家財保険にご加入であれば保険金をお支払いできることがあります。

また、雷のような自然災害でない場合でも、
「室内で子供さんが物を投げてテレビを壊してしまった」
「家具を配置換えする際に誤って棚を倒してしまい、壊してしまった」
「家から持っていったデジカメを外で誤って落としてしまい、壊してしまった」

以上の3つの例のように日常に潜みがちな「うっかり」起こってしまった損害に対しても家財の補償で対応できる場合があります。(ただし、補償内容によってはご加入のプランで対象外である場合や、特約の付帯が必要な場合があります。)
 これらのように、建物に損害を受け、その上家財も損害が及んで…!というケースばかりでなく、建物が無傷でも家財だけが損害を受けるリスクは意外と身近に潜んでいますので建物補償だけでなく家財補償も、ご自身が保険で不安なリスクを考え、備えを選ぶことで、暮らしへの安心感はグッと高まると思います。もしも‥

心配だけど、どんな補償が出来るの?
自分の家庭だと、どんな補償にすると良いだろう?
加入してるけど内容がよく分からない‥

など、今からご検討される方も、今ご加入中の方も気になったり、不安なことがございましたら、お気軽にご相談くださいね。火災保険は是非建物+家財で備えられることをオススメします。


okemoto.jpg
| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com