2018年02月02日

祖父の死因

非常に私的な話ですが、一昨日1月31日は私の祖父の命日でした。もう30年以上経ちますが、漁師で魚の刺身と日本酒の熱燗が大好きだった祖父の事は、この冬の魚が特に美味しく寒ブリ漁の盛んな季節に命日が近くなると良く思い出します。

当時小学5年だった私は雪が降り積もる朝、学校へ行こうと祖父に「行ってきます」と一声掛けて出ようとすると祖父は玄関まで見送りに来ました。普段見送りなどされた覚えがないほどで、どちらかというと無愛想な祖父の意外な行動に何か用でもあるのかとしばらく待っていましたが何も言わずじっと私を見ていました。その祖父の目は今でも鮮明に覚えています。

学校から帰ると祖父は亡くなっていました。私にとっては人の死に接した最初のことだったと思います。祖母から聞いた話では、その日の日中に祖父は家の風呂を沸して入浴し真冬の寒い廊下に出たところで突然倒れあっという間に亡くなったそうです。それ以来、家では冬場の入浴では浴室と脱衣場、廊下の温度差に気を使っています。
我が家だけではなく、こうした入浴の際の温度差による血圧の急な変化による死亡事故は交通事故死の4倍の数にも昇るそうです。
saga-icon-2eaaa-thumbnail2.jpg
| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com