2018年02月06日

転倒の危険性

今季は気温が全体的に低いこともあり、朝晩路面が凍結している日が多くあります。私は仕事でお客様のご自宅や会社へお伺いすることが多いため、普段はもっぱら革靴を履いています。なので、このような日は油断をしてしまうと滑って転倒しかけることが多々あります。その際はいつもハッとしてしまい、変な汗がでますね。
転倒すると大きなケガにも繋がりますし、高齢者の場合は介護状態や認知症にもつながってしまうこともあります。

高齢者の要介護状態となる主な原因で、骨折・転倒が全体の約12%を占め、4番目に多くなっています。転倒する場所は意外と自宅内が多く、足を踏み外しやすい階段や玄関、浴室などは重傷になるおそれがありますので特に注意が必要です。

転倒を防止するためのポイントとしては、転倒しにくい環境を整えることや日頃から筋力とバランス感覚を鍛える、また転倒しにくい靴や靴下を選ぶことが重要との事です。また、家族の方の何気ない注意喚起の一言が事故防止には大きな効果があります。
2月に入りまだまだ寒い日々が続きますが、ケガには十分気をつけましょう!tsukada-icon.jpg
| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com