2018年03月31日

初心者マーク!

毎年この時期になると初心者マークを付けたクルマを見かける事が多くなります。

先日も、お客様宅で、「子供が今年免許を取るからクルマに乗るようになったら保険の条件変えてね!」とか「ちゃんと運転できるがかなぁ〜!」と子供がクルマを運転する事に対し、とても心配してらっしゃいました。

誰もがクルマの運転1年生の時期があるわけで、多かれ少なかれ、失敗を重ね運転が上手になっていくものだと思います。

ただ、事故が無い事に越したことは無い訳で、危険に近寄らない工夫が必要だと思います。

日頃通る道の中で、見通しの悪い交差点や、歩行者の多い道、冬期になれば凍結しやすい道など注意が必要な箇所を親子で話し合ってみてはどうでしょうか・・・。
katagishi-icon-358ce-thumbnail2.jpg
| 日記

2018年03月30日

たまには確認

最近、以前に御契約いただいたお客様との面談で保険の内容を確認いただくことが続きました。
加入する時には真剣に考えてよく確認して加入した契約も、年月の経過とともに忘れてしまったり、違った形で思い込んでしまっていたりすることも、あるものだと改めて感じました。

契約後に保管するものとして重要な書類は保険証券になるかと思いますが、後で内容を見返す時には申し込み前にお渡しする設計書が一番解りやすく、確認したいポイントが数字や言葉で表示されていると思います。

商品も改定や販売停止で、契約時の設計書を事務所や店舗で出しなおすことが出来ない場合もありますので、設計書を大事に保管して、確認したいときに直ぐ出せるように管理いただければ良いかと思います。

saga-icon-2eaaa-thumbnail2.jpg
| 日記

2018年03月29日

運転診断アプリ

先週のブログで損保各社から配信されている自動車保険のスマートフォン向けアプリについて触れましたが、各社様々なサービスを展開する中で、安全運転サポート機能の一つとして運転診断が出来るアプリが沢山出ており、個人的にも非常に気になっている機能の一つです。

その仕組みは、スマートフォンに内蔵のセンサーが振動などを検知アクセルやブレーキ、ハンドルの操作、エコ運転の度合いなどを分析し、運転後に100点満点で評価されるもので、診断方法はホルダーに固定が必要なものから、助手席に置くだけで診断可能なものまで様々ですが、基本的には出発時に操作して到着までスマートフォンを置いておくだけなので手軽に利用することができます。

診断結果は点数だけでなく、ハンドリングや加速具合の評価など細かく良い点や改善点をアドバイスしてくれます。

普段から安全運転を心がけていても、なかなか客観的に自分のクセを見つけるのは難しいですよね。診断結果からバッチリな方は自信にも繋がりますし、改善点が見つかっても、そこから更に安全運転への技術や意識向上に繋げていくきっかけになるはずです。

特に北陸地方は全国的にも車所有率が高く、通勤、通学に車を利用している方は沢山いらっしゃると思います。運転初心者の方もベテランの方も日常の通勤(通学)にこうしたツールを活用すること日頃の自分の運転を振り返ったり、運転への意識をより高める機会も生まれるでしょうし、いつもの運転にも新たな視点でいい刺激を得られるかもしれませんね。

気になった方は保険会社のホームページやアプリのストアからチェックしてみて下さいね〜!
okemoto.jpg
| 日記

2018年03月28日

家庭内事故

事故と聞くと、交通事故を思い浮かべる人も多いと思いますが、家庭内事故が交通事故の死者数を上回っているそうです。厚生労働省がまとめている「人口動態統計」によると、2倍以上となっています。
どのような事故が家庭内で起こっているか・・・というと、最も多かったのは「溺死及び溺水」です。次いで、「窒息」「転倒・転落」「煙・火災」と続くそうです。

家庭内事故で最も多い「溺死」は、65歳以上の高齢者が9割以上を占めています。その多くは、冬場の浴槽内で発生しており、急激な温度変化が原因で血圧が大きく上下し、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまうのです。0〜4歳の乳幼児も発生しているので、入浴中は目を離さないように注意することが大切です。日頃から、浴槽の水を抜くとか、鍵をかけるとかの対策が必要ですね。
2番目に多い「窒息」ですが、高齢者や乳幼児が多いです。食べ物、食べ物以外のものを飲み込んでのどを詰まらせる、または嘔吐物をのどに詰まらせてしまう事故です。原因となるのは食べ物だけではなく、たばこ、硬貨、ボタン、おもちゃなどがあります。幼い子供のいる家庭では、油断せず注意しましょう。
3番目に多いのが「転倒・転落」です。最近では、高層マンションの上階ベランダや窓から幼児が転落したという、痛ましいニュースを耳にするようになりました。子供に限った話ではなく、大人でも十分可能性があります。未然に防げたかもしれない事故ですから、後悔しないように対策や注意などの心掛けを忘れないでおきたいですね。
ota-icon-thumbnail2.jpg
| 日記

2018年03月27日

気管支ぜんそく発症の原因判明

先日の新聞で、気管支ぜんそく発症の原因が明らかになったという記事を目にしました。生命保険の手続きに際し治療歴や体況状態を告知していただきますが、ぜんそくに関しては乳幼児から大人まで幅広く罹患されている方が多い病気の一つです。

そもそも生命保険は病気の治療歴などにより、条件付きでの引き受けとなる場合や引き受けができない場合があります。これは保険会社によっても異なりますし、この条件なども定期的に見直しされます。世の中の病気には原因が明確なものや原因が不明なものなど様々ですが、保険会社の引き受けの査定に関していえば、基本的に原因が不明な病気は厳しいものになっています。

ぜんそくは原因が不明なため引き受け条件が厳しいものですが、今後この結果を受けて治療方法などが明確になってくれば、生命保険の引き受け条件も緩和されていくのではないかと思います。新薬など早期の治療方法開発に期待したいですね。tsukada-icon.jpg
| 日記

2018年03月26日

ノンフリート多数割引

毎年2月、3月は自動車を買い替えられる方や、免許を取得されたお子様のために新しく求められる方がとても多い時期です。
ご家庭に2台以上の自動車を所有、ご契約をお持ちの場合は、ノンフリート多数割引を効かせられる場合があります!
ノンフリート多数割引とは、ご契約者が本人または配偶者、または同居のご親族が記名被保険者として2台以上の自動車を所有、ご契約の場合に適用される割引です。
損保ジャパン日本興亜の場合、2台の自動車をお持ちの方は3%割引、3〜5台お持ちの方は4%、6台以上お持ちの方は6%の割引が適用されます。
しかも、自動車ごとに支払方法(口座振替orクレジットカード払、月払or年払)を設定でき、とても便利です。
該当のお客様にはご提案させていただきますね。

utikata-icon-c1ad0-thumbnail2.jpg

| 日記

2018年03月25日

そんぽ防災Web

3月15日に日本損害保険協会が「そんぽ防災Web」を開設しました。「そんぽ防災Web」は、日本損害保険協会による防災情報発信のポータルサイトです。気象庁と損害保険料率算出機構等と連携して、風水害の災害データと損保の支払保険金に関するデータをマッチングさせたデータベースを新たに構築しました。また、地震、噴火、風水害等に備えるための防災情報も整備されていく予定だそうです。

お住まいの地域が過去にどれくらいの被害があり、いくら保険金が支払われたかを知ることでどのような保険に加入する必要があるのかだけでなく、どういった防災対策が必要なのかまで幅広く情報を得ることができるサイトだと思います。

近年の台風等による被害状況や支払保険金の状況を都道府県別で確認することができたり、地域や学校で防災活動を行いたい方に向けて、活用できるリーフレットなどもダウンロードできるので是非チェックしてみてください!

【URL】そんぽ防災Web
http://www.sonpo.or.jp/bosai_web/

yamamoto-icon2.jpg

| 日記

2018年03月24日

卒園式

昨日は、長女の勤める保育園の卒園式でした。
卒園する園児の担任ではなかったのですが、長女が保育士として最初に受け持った園児たちです。当時、未満児だった子供たちが、4年経って巣立っていく・・・。感慨深かったことと思います。
私にとっても、感慨深いものでした。就職して4年も経つのか・・・と思うと、あっという間でしたね。今では、最初の頃を思うと、ずいぶん保育士らしくなった気がします。この4年間、何度もくじけそうになり、その都度励ましてきました。近頃では、何があっても自分で解決できるようになってきたのでは・・・(笑)。

長女がこの4年間、頑張ってこられたのは、周りのいろいろな方々のおかげだと思います。感謝の気持ちを、これからも、忘れないでほしいことだと思っています。いつも助けあい励ましあってきた同期の仲間、優しく指導して下さった先輩方。人と環境に恵まれたおかげですね。
4月から、また、新しい1年が始まりますが、5年目も初心を忘れず頑張ってほしいと思います。ずっと応援しています!!
ota-icon-thumbnail2.jpg
| 日記

2018年03月23日

明日から春中ハンド

3月下旬に毎年行われている春の全国中学生ハンドボール大会が明日から始まります。
氷見市内にはのぼり旗、ポスターも各所に飾られ歓迎ムードも高まるばかりです。
IMG_0755.JPGIMG_0755.JPG
毎年この時期は、全国各地から各都道府県代表のチーム関係者が集まり市内にも普段とは違う熱気が感じられます。機会が合う時は是非会場へ観戦、応援に行きたいと思っています。
中学生といえば最近では、卓球の張本選手や将棋の藤井6段、フィギアスケートのザギトワ選手も同じ年代でしょうか。シニアも圧倒する才能の持ち主の登場が目立ちますので、そんな選手の活躍も見れるかもしれないと期待もしています。
saga-icon-2eaaa-thumbnail2.jpg
| 日記

2018年03月22日

手軽で便利な

自動車保険のサービスの一つとして個人のお客様向けにスマートフォン用のアプリが保険会社から配信されていますが、無料で利用できるものでも機能が非常に充実しています。

例えば、無料でカーナビ機能を使用できたり、運転中に渋滞情報や事故の多発地点をお知らせしてくれる機能、アプリを利用してご自身の運転診断をしたり、さらにその運転診断や走行距離でポイントを貯めてプレゼント応募をすることが出来たりと、日常のカーライフを楽しく、快適にするのをアシストする機能に加えて、自動車保険にご加入の方用には事故にあわれた時に迷わずに警察や家族にすぐ連絡できるようサポートするツールが利用出来るなど、もしもの時に頼れる機能が備わっているものもあります。

保険にご加入の方用のツールと合わせて使用されるとより安心ですが、アプリの機能の中にはどなたでも利用可能なものもたくさんありますので、保険会社のホームページなどから説明を見て、興味の持たれた機能などからアプリをダウンロードしてみるのも良いかもしれません。安全運転のお助けツールとして活用してみてはいかがでしょうか。
(通信料はご自身の負担になりますから、ご注意下さいね〜)

okemoto.jpg
| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com