2018年05月03日

身近な火災の1つ

外出される時、家の中のコンセントはどうしていますか?

留守中の建物火災の原因の一つにトラッキング火災があります。
これは主にコンセントとプラグの間に付着したホコリに湿気が加わることで火花発電を繰り返し、やがて発火に繋がる現象です。

テレビ、パソコンなどの電化製品を使用する際にホコリが溜まったままで長時間コンセントを差しっぱなしは火災の危険があるのです。

実際に私の身近であった事例で、洗濯物を室内で乾かすために除湿乾燥機をつけたまま外出し、数時間後に戻ってみるとコンセントから焦げた臭いと共に火花がでており、幸いと大事はなかったのですが、もし帰りが遅かったら‥とゾッとしたそうです。我が家も除湿乾燥機を同様に使用しているので、この話を聞いた時、自分のことのようにドキッとした記憶があります。

ゴールデンウィークに入り、家族で外出される方も多いと思います。火の元の戸締まりはもちろん、コンセントも外出時は極力抜いておく、外出前にコンセントやプラグに付着したホコリは乾いた布などで取り除いておくことなど、ほんのちょっとしたことですがトラッキング火災予防に大きく繋がります。
「短い時間だから大丈夫」「今まで火災にならなかったから大丈夫」など、先入観を持たず、まずは心配な箇所が無いか確認してみるのも大切です。私自身もまずはこまめにチェックする癖からつけていきたいと思います。
okemoto.jpg
| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com