2018年05月08日

2025年問題

最近ニュースや雑誌などで良く目にするようになった2025年問題。そもそも皆さんはどのような問題かご存知ですか?

2025年問題を簡単に説明しますと、この年に団塊の世代が引退する年齢で、日本人の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という超・超高齢社会になるという事です。一方で生産人口である15〜64歳は減少していき7000万人を下回ると予想されています。

これにより、日本国の競争力が落ちること、年金制度や医療・介護などの社会保障問題、病院や医師の不足など、数々の問題が表面化されてくると言われています。

これから政府も多くの対策を打ち出していくと思いますが、やはり自分自身の将来のことは自分で責任を持って準備しておく必要があります。7年後は厳しい現実が待っていそうですね。tsukada-icon.jpg
| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com