2018年07月13日

保険適用

北陸で唯一の陽子線がん治療の実施医療機関である福井県立病院陽子線がん治療センターで平成30年4月から前立腺などの一部の部位で公的医療保険の対象が広がっています。あくまでも一部であり公的保険の対象とならない部位のほうが以前多いです。

私が医療保険やガン保険の募集をさせていただいていたなかで、同治療センターが先進医療に承認された7年前から比べると随分と陽子線治療や先進医療に対しての一般の方の認知も広がった印象です。しかし先進医療イコールがん治療とか陽子線治療と認識されていた方も少なからず居られました。

今年度、割と有名な陽子線や重粒子線での治療の一部が公的保険の対象となりましたが、公的保険対象外で全額自己負担となる先進医療は、がん治療以外にもあります。なので自分で民間保険会社で先進医療特約など契約する時は、がん治療のみが対象となるがん保険の特約だけでなく、医療保険の特約などで幅広い傷病に対応するものにされることをおすすめします。
また先進医療の実施医療機関数、患者数は年々増加傾向にありますので、今年度の粒子線治療の一部公的保険適用を受けて自分で契約する医療保険の先進医療特約などの付加を軽く考えすぎることも注意していただきたく思います。
saga-icon-2eaaa-thumbnail2.jpg
| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com