2018年07月19日

毎月19日は・・

毎月19日は食育の日です。何故19日なのかは「育」の字の読み方が19を連想されること、「食」という言葉も「しょ→初→1、く→9」という考え方から「19」を連想させることから来ているそうです。

そもそも食育とは何か?と思う方もいるかもしれませんが、食育とは様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践できるように教育することを指します。

食育が推進される背景として、近年の子供達の健康を取り巻く問題があります。具体的には偏った栄養摂取や朝食欠食などの食生活の乱れや肥満などが挙げられます。また、核家族化も進んでおり家族1人ひとりの過ごし方や価値観の変化によって現在では「個食」や「孤食」が増加しているようです。そのため一家団らんも減り、子供達が社会のマナーやルールを学べる機会も少なくなってしまっています。

自分や家族の健康のために食について正しい知識を身につけることが必要となる現状ですが、国内でも様々な取り組みがなされています。
私の地元富山県でも具体的な取り組みとして、食育の日には学校給食で郷土食を取り入れたり、スーパーマーケットで栄養相談などを行なっているようです。

食育推進と言うと、少し難しそうな印象があるかもしれませんが、普段家庭の中でも簡単に取り組めることの一例として、
・朝食をとる
・家族みんなでそろって食事をする
・料理の成り立ちを知る
→そのために一緒に買い物に行く、料理の手伝いをする、農業や漁業体験に参加してみる

などがあります。子供さんだけの問題と捉えず、家族みんなで出来ることから取り組んでいきたいですね。私もきちんとした食に対して正しい知識を身につけること、食の大切さを見つめなおしてみようと思います。
okemoto.jpg
| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com