2018年07月21日

夏バテ

夏バテは、「なんとなくだるい」といった夏の体の不調の総称です。
現在の夏バテは、暑さからくる食欲の低下や食事の偏り、睡眠不足といった単純な従来の原因に加え、冷房の効いた室内と年々暑くなる炎天下を行き来することで、その温度差に身体がうまく対処できず、身体が混乱して自律神経失調状態になるといった複雑なものになってきているそうです。

急に気温が変わると体調を崩すように、体の温度を一定に保つのは大変なことです。身体の温度調整のためにとても重要なのは、上手に汗をかくことだそうです。
具体的には、ちょっと暑い状況で、少し汗をかく運動を1日15〜30分間、週3〜4回、1ヵ月程度続けて、さらに運動後の30分以内にたんぱく質と糖質を多く含んだ食品を摂取すると身体の血液量が増えて、暑さに強い体になると言われています。
人間には「恒常性」という体を一定に保つしくみがあるらしく、急激な変化は本人が気づいていなくても身体にとって大きな負担がかかっていることもあります。運動などの健康法は何でも、「徐々に」「こまめに」を覚えておいてください。

夏バテ防止食品として、真っ先に思いつくのはうなぎですが、うなぎはたんぱく質も多い上にビタミンの宝庫です。そう言えば、昨日は「土用の丑の日」でしたね。
ota-icon-thumbnail2.jpg
| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com