2018年07月23日

超音波療法

超音波療法とは20KHz以上の周波数の音波を用いて治療を行う物理療法の一つです。

骨折した部位に照射すると骨癒合が促進されたり、関節の軟部組織に照射すると伸張性が増大したり、シックスパッドのように筋力トレーニングに用いたり、運動器に対するアプローチの方法として有名ではないかと思います。
近年ではパーキンソン病の症状を抑制するために超音波を用いる症例が増えてきていますし、最近ニュースで話題になったアルツハイマー型認知症の治療に超音波を用いる研究が進められています。
運動器に使う超音波療法は知っていたけど、頭に使う超音波は知らなかった私。頭にまで超音波当てる時代になったことに驚きを隠せません^^;

ですが、超音波ならではのメリットもあります。
一つは血液脳関門の影響を受けない超音波では服薬治療に比べて大きな治療効果が期待できることです。血液脳関門とは脳に通常必要のない成分を行かないようにするフィルターのような役割をしている部分なのですが、治療目的で飲んでいるお薬の成分もこの血液脳関門でシャットアウトされてしまうケースがあります。
他にも服薬治療と併用して超音波療法を行えることや低侵襲性であることなどがあげられます。

医療の発展に感動するとともに、”人生100年時代”という言葉は平均寿命の話だけではなく健康寿命にも結びつくのだなと感じています。

長生きによる経済的リスクに備えに、保険も活用していただけたらと思います!

ueda-icon.jpg
| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com