2018年09月30日

台風24号

9月4日の台風21号の被害も完全復旧していないなか、台風24号がこの週末日本列島を縦断するとのニュースに戦々恐々としています。富山には本日夜中に接近するとのことです。富山では台風が上陸することは珍しいので先日の台風で窓ガラスががたがたしたり、外ではいろんなっ物が飛ばされたり、転がったりする音にはハラハラしました。

先日の台風被害の事故報告では、屋根瓦の損害や、窓ガラスが割れたという連絡が多くありました。
風速10メートルを超えると、何らかのものが飛んでくることが増えるため、窓ガラスが割れる可能性が高くなります。窓の内側に、貼るタイプのガラス強化フィルムや養生テープで補強しましょう。普通のガムテープだと剥がしにくく、剥がした後も粘着剤の跡が残ることがあるので注意が必要です。テープを貼ることで、割れてしまっても、ガラスの飛び散りを防ぐことが可能です!

台風など予報されている災害には、最大限対策をして無用の外出は控えるよう心がけましょう。
yamamoto-icon2.jpg



| 日記

2018年09月29日

世界アルツハイマー月間

9月は世界アルツハイマー月間です。

1994年9月21日にスコットランドで「国際アルツハイマー病協会」が、毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」と定め、その後9月を「世界アルツハイマー月間」と定めました。現在、世界の70以上の国と地域で、認知症の患者さんを抱える家族団体などが、広く社会の認知症への理解を深め、患者さんや、そのご家族・介護者の方々を支援する活動が展開されています。

各地域では認知症の方々への支援を行う「認知症サポーター」の養成研修やイベントが開かれているそうです。認知症サポーターとは、認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対して、無理のない範囲で手助けをして、認知症高齢者等にやさしい地域づくりに取り組んで頂ける方のことです。認知症サポーターは全国に約907万人(平成29年6月末現在)おり、地域において認知症の方が穏やかに生活するための見守りや環境整備に尽力されています。

ある保険会社関連でも「認知症サポートプログラム」と題し、社内の役職員や代理店に認知症サポーターの育成や理解を深める取り組みを行い、今年で認知症サポーターが1万人超を達成したそうです。

9月21日各地で建物等がオレンジ色(認知症・支援活動のテーマカラー)にライトアップされたのも、この運動の一環です。
katagishi-icon-358ce-thumbnail2.jpg
| 日記

2018年09月28日

年月

今月訪問させていただいたお客様は、親子2代でご契約いただいているお宅が多いです。
まだ私が20代前半の頃に、その家のお父さん、お母さん、または、おじいさん、おばあさんからのお付き合いで家の子供が免許を取った、これから車に乗る。といった処でご紹介いただき、その後結婚や赤ちゃんの誕生で保険を見直す、加入を考えるといった場面でもお話させていただいた家庭です。

長くお付き合いさせていただく中で、過去には事故や災害で保険金が支払われるような場面で解決されるまでに非常につらい思いをされた出来事もありましたが、今となれば一つの思い出話のようにお客様が語られたり、紹介いただいたお父さん、お母さんの話をされたりされますと私も長くこの家族にお世話になってきたのだとしみじみ感じます。
こんな長いお付き合いができる家族が少しでも増えることに特に喜びを感じる今日このごろです。
saga-icon-2eaaa-thumbnail2.jpg
| 日記

2018年09月27日

秋の夕暮れ

つい先日まで暑い暑いと言っていたようなはずが朝、思いがけない寒さから自分のくしゃみで目覚めることもしばしばな昨今。カレンダーを見ると9月の終わり・・どうりで肌寒いわけだなぁと実感します。今年も気づけば残り3ヶ月弱、歳を重ねるごとに月日がたつ早さに驚きます。
 それに伴って、日が落ちるのも急激に早くなりましたよね。そんなこの時期に危険性が増すのが交通事故です。

 今年の秋の全国交通安全運動の中でも重点項目の一つに夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止が挙げられているように10月から12月にかけては特に夕暮れ時とされる16時から18時は交通事故が増加する傾向にあります。
 夕暮れ時は視界が悪くなり、通勤・通学等の時間帯で人も車も交通量が増加するのに対し、逆に歩行者や自転車、ドライバーはそれぞれの視認性が下がっていることも多く、仕事帰りなどの疲れから注意力も低下しやすい時間帯でもあるため、お互いに危険の察知が遅れて交通事故に発展してしまうケースも少なく無いようです‥

 対策としては色々なところで呼びかけられているように、車は早めのライト点灯、歩行者の方な明るい色の服を着用したり、反射板を装着することが非常に有効です。
 夏のように日が長くない分、出発時には明るくても、気づいたら真っ暗で目が慣れないうちに接近する人や車に気づけなかった、なんてことが無いように早めに備えたいですね。
okemoto.jpg
| 日記

2018年09月26日

子宮頸がん

近年、子宮頸がんにかかる若い女性が増えているそうです。以前より発症のピークが若年齢化することで、妊娠などのライフプランについても考えながらの治療を選択することも重要になってきます。

子宮頸がんは症状が乏しいため、早期に自分で気づくことは難しいと言われています。定期的な婦人科検診が重要ですが、中には、妊娠と同時に子宮頸がんが見つかることがあります。この場合、早期であるならば妊娠と治療を両立させることも可能だそうです。
子宮頸がんは比較的予後のよいがんです。早期に発見できれば子宮を温存する治療法もあり、妊娠の可能性を残すことができます。しかし発見が遅れてがんが進行していると、子宮を摘出しなければ・・・となります。

20歳以上の女性は、2年に1回の検査をすることが推奨されていますが、その受診率はまだまだ低いようですね。がんを他人事と考えずに、子宮頸がん検診を受けるように心がけましょう。私にも年頃の娘がいるので、心がけたいと思います。
ota-icon-thumbnail2.jpg
| 日記

2018年09月25日

福岡町つくりもんまつり

毎年9月23日、24日に高岡市福岡町で開催されている「福岡つくりもんまつり」という祭りがあります。五穀豊穣に感謝し地蔵まつりに供えられる秋の収穫物を使用して行われ、300年以上の歴史があります。地元の方が季節の野菜や果物などを利用して様々な作品が作られます。昨日私の子供もイベントに参加していたこともあり、足を運んできました。
IMG_2441.JPG
IMG_2437.JPG
雨が心配されましたが幸い天候にも恵まれ、町を散策しながら作品を見てまわることができました。県内外からのファンも多い事から家族連れも数多く見受けられ、また様々なイベントも行われて賑やかでした。
地元の方が中心に行われる伝統ある祭りは全国各地に数多くありますが、参加することによりその魅力がよく分かります。最近では人手不足でなかなか維持できずに、残念ながらなくなってしまう祭りも多くなっているそうです。人とのふれあいが感じられるのはこのような祭りだと思いますので、日本の伝統として守っていってほしいですね。
tsukada-icon.jpg
| 日記

2018年09月24日

「みなさんいくらぐらい払っているんですか?」

お客様との会話の中で「みなさんいくらぐらい払っているんですか?」という言葉が多いように感じます。

生命保険文化センターの最新のデータによると、一世帯あたりの平均の生命保険料は年間で38.2万円だそうです。
平均的なサラリーマンの年収が400万円と言われているので年収の1割程度の金額を保険料に充てているという方が多いのではないでしょうか。
ただ、払った保険料に対して保障の満足感や、充分であるかなどといった指標はありません。

自分がみんなと同じぐらいの保険料を払っている思うと安心できるかもしれませんが本当にそうなのでしょうか?
ガンが心配だからガンの保障を手厚くしたい。貯金がなかなか思うようにできない現状でいざ入院となると支出が心配。子供が多く、遺さなきゃいけない金額が大きい。など、人それぞれ不安に思うポイントは違います。
大切なのは、ご自身にあった保障を準備することです!

ですが、払い続けることが可能でなければ意味がないということも忘れてはいけません。
お財布事情と相談しながら必要な保障を準備していただけたらと思います!

ueda-icon.jpg
| 日記

2018年09月23日

実りの秋

昨日は子供の保育園のママ友のお宅でサツマイモ堀りをしてきました☆私も小学校以来、何十年ぶりの芋堀に子供よりもはしゃいで掘ってしまいました^^

私も子供のころ、秋になると友達の家のおばあちゃん、ひいおばあちゃん達の指導のもと敷地内にある畑で芋堀をさせてもらったり、庭に生えている柿の木から柿をとったりと、まさに田舎ならではの遊びを享受していました。自分の子供も、友達と楽しみながらこういった生活の中にある自然に触れる経験や体験しているのはとてもうれしく思います☆

話はズレますが、土や砂に含まれる土壌菌という細菌類と接触する機会の多い子供はアレルギーなどになりにくいという研究もあるようで、こうした自然の環境で免疫力を培えるのは恵まれた環境だと感じます。

IMG_2505.jpg

収穫した大きなさつまいもたち。実りの秋を実感した1日でした…しかしこれは食欲の秋につながるので危険ですね(笑)
yamamoto-icon2.jpg

| 日記

2018年09月22日

秋の全国交通安全運動

昨日から、秋の全国交通安全運動がスタートしています。
◆ 期 間 ◆
 9月21日(金)〜9月30日(日)
◆ スローガン ◆
 ゆずりあう 心でひろがる 無事故の輪
◆ 重点項目 ◆
 1 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通
  事故防止
 2 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防
  止
 3 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正し
  い着用の徹底
 4 飲酒運転の根絶
 
◆ 活動重点日 ◆
 9月21日(金):子供と高齢者交通安全呼びかけの日
          3up運動呼びかけの日
 9月25日(火):シートベルト・チャイルドシート着用徹底の日
 9月26日(水):歩行者への交通安全呼びかけの日
 9月28日(金):飲酒運転根絶の日 
 9月30日(日):交通事故死ゼロを目指す日(全国指定日)
          自転車安全利用の日

これからの時期、夕暮れが早くなります。早めのライト点灯で安全に気を配りましょう。
katagishi-icon-358ce-thumbnail2.jpg
| 日記

2018年09月21日

こどものみらい古本基金

「こどものみらい古本基金」とは、内閣府の政策で共生社会政策、子供の貧困対策として内閣府・文部科学省・厚生労働省などが主体となって活動する「子供の未来応援基金」の中の一つです。読み終えた本やゲームソフトの買取金額(査定額)が基金に全額寄付されます。現在、保険クリニック店舗でも内閣府と共同で募金活動をしています。読み終えた本などをご提供ください。
IMG_0646.JPG

当プロジェクトでは読み終えた本の他、コミックセット・DVD・CD・アルバム・ゲームソフトも対象となります。
尚、バーコード無の本・個人出版の本や百科事典・起動しないゲーム機、ソフト・傷のひどいもの、違法なものや法に抵触する恐れのある商品などは、取り扱えない本や品目となります。
saga-icon-2eaaa-thumbnail2.jpg

| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com