2018年10月02日

一過性脳虚血発作

皆さんは一過性脳虚血発作をご存知ですか?一過性脳虚血発作は脳卒中の「前触れ発作」「警告発作」として知られていますが、まだまだ世の中の認知度は低いと言われています。
この病気は突然脳卒中の症状がおこりますが、大抵5〜15分以内に、長くても24時間以内には治ってしまうのが特徴です。ですので、自分自身では病気と認識するのは難しいかもしれません。下記が主な症状です。

< 疑われる症状 >
・片方の手と足に力がはいらなくなる
・体の半分(顔を含む)がしびれる
・ろれつがまわらなくなる
・言葉がでなくなる
・相手の言うことをよく理解できない
・片側にあるものに気がつかないためにぶつかってしまう
・片方の目にカーテンがかかったように見えなくなる
・力はあるのに立てない・歩けない

症状が短時間で消えてしまうために軽く考えられがちですが、放置すると約2割の方は数年以内に脳梗塞になってしまいます。万一このような症状が起きた場合は、早期受診・早期治療が必要な緊急疾患と認識し、必ず専門医に相談することをお勧めします。tsukada-icon.jpg
| 日記

株式会社 中島保険事務所
〒932-0825 富山県小矢部市島295-1
TEL:0766-67-4856 FAX:0766-67-6525
mail:info@nakashimahoken.com